経歴

経歴

Morishinichi's career

2010 平成22年
05月 台湾・台北市の台湾大学総合体育館ホール(29・30日)および台南市の市立文化センター(31日)にて「歌手生活45周年記念・日台友好/森進一コンサート」開催、大好評を博す。
06月 歌手生活45周年記念シングル『眠らないラブソング』発売。東京と大阪で歌手生活45周年記念“森進一コンサート~はるかなる夢、限りなき道”開催。
07月 高松と松山で歌手生活45周年記念“森進一コンサート~はるかなる夢、限りなき道”開催。
09月 歌手生活45周年記念「森進一コンプリートボックス」(CD15枚<計238曲>+DVD2枚)発売。アルバム「森進一ベスト~歌手生活45周年記念盤」発売。
11月 アルバム「森進一スペシャルセレクション~コラボレーション・ベスト」発売。この年6月の東京・中野サンプラザ公演のライブ盤(2枚組CD・全39曲)「歌手生活45周年 2010森進一コンサート~はるかなる夢、限りなき道」(森進一後援会限定販売)発売。
12月 43年連続(最多連続出場記録)・43回目の出場となったNHK紅白歌合戦で『襟裳岬』を熱唱。
2011 平成23年
02月 新曲『八甲田』発売。
03月 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会の委嘱を受け、国連難民親善アーティストに就任。
05月 この年3月11日に発生した東日本大震災の被災地(多賀城・仙台・気仙沼の宮城県下3市の避難所)を訪問、現地の皆さんを歌でお力付けする。気仙沼では大津波に耐えて残った『港町ブルース』の歌碑も訪れる。
06月 東京で東日本大震災復興支援「森進一コンサート~希望の明日へ!」開催。同月、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)主催の世界難民の日(6月20日)イベント「東京タワー点灯セレモニー」に国連難民親善アーティストとして出席。
07月 東日本大震災被災地復興支援プロジェクト「演歌キャラバン隊」として宮城県鳴子温泉を訪問。同月、大阪で東日本大震災復興支援「森進一コンサート~希望の明日へ!」開催。
08月 名古屋で「森進一コンサート~希望の明日へ!」開催。
09月 アルバム「森進一スペシャルベスト~希望の明日へ!~」(CD1枚+DVD1枚)発売。
11月 アルバム「森進一スペシャルセレクション~ご当地ソング・ベスト」発売。
12月 44年連続(最多連続出場記録)・44回目の出場となったNHK紅白歌合戦で『港町ブルース』を熱唱。
2012 平成24年
03月 愛読する「念ずれば花ひらく」の詩人・坂村真民の記念館(愛媛県砥部町)オープンに際し、ご遺族からのご要望で色紙を寄贈、常設展示される。
04月 新曲『女坂』発売。
06月 東京と大阪で「森進一コンサート~演歌の心を唄う」開催、大好評を博す。
10月 東京・日比谷公園小音楽堂で行われた東日本大震災復興支援「演歌キャラバン隊」コンサート(一般社団法人 日本音楽事業者協会主催)に出演。
アルバム「森進一ベスト~演歌の心を唄う」(CD2枚組)発売。
12月 45年連続(最多連続出場記録)・45回目の出場となったNHK紅白歌合戦で『冬のリヴィエラ』を熱唱。
2013 平成25年
04月 新曲『情炎』発売。
28日~5月1日、3年ぶりとなる台湾公演で大好評を博す(4月28日/台中市・国立中興大学惠蓀堂、29日・30日/台北市・台北国際会議センター、5月1日/台南市・台南文化センター)。
06月 月刊誌『文藝春秋』7月号に“母への手紙”を寄稿。同月、東京で「森進一コンサート 情炎~情熱の歌、いのちの歌」開催。
07月 大阪で「森進一コンサート 情炎~情熱の歌、いのちの歌」開催。
08月 ニューシングル『富士山』発売。富士山の世界文化遺産登録決定のニュースとともに大きな話題となる。
12月 46年連続(最多連続出場記録)・46回目の出場となったNHK紅白歌合戦で『襟裳岬』を熱唱。
2014 平成26年
01月 「森進一ベストアルバム~富士山」発売。3月、月刊誌『文藝春秋』4月号に“団塊の世代から日本へのメッセージ”を寄稿。
06月 東京と大阪で「森進一コンサート~富士山/日本の歌、こころの歌」開催、大好評を博す。
09月 新曲『えにし』発売。
12月 「永年にわたり、歌手として数多くの優れた歌唱を示して活躍し、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている」との功績により、平成26年度文化庁長官表彰を受ける。